ワキなど狭い場所なら、カミソリで剃ったり毛

ワキなど狭い場所なら、カミソリで剃ったり毛抜きを用いたりするのが適切かもしれません。

でも、腕やひざ下といった毛のある部分が広くて目に止まりやすい箇所は除毛クリームを持ち出したり家庭用脱毛器具を駆使したりするのがベストな気がします。

予想外だったのが、聞いていた家庭用脱毛器は、光の大きさが小さく使いにくいというのを耳に入っていたのですが、私の買った脱毛器は照射スペースも広く、脱毛する時間も短時間で大変使いやすい商品でした。
通うようにしているうちに、徐々に肌もきれいになっていき、自分での処理も要らなくなったので、その時がんばってサロンに行くことにしてたいへん良かったなと思わせてもらっています。抜くのに成功した毛は、皮膚の表面にあった分よりも皮膚の内部にある長さの方が明らかに長いので驚きます。

毛根諸共抜けたときは、その毛先の部分に黒く毛根に存在していたに違いないと考えられる部分まで抜けるので気持ちいいです。

これまでのムダ毛処理は率直に言って、なあなあで済ませていた部分があるのです。

特に夏場に海等を訪れることもなく、遊ぶ折は何があっても女の人だけだったので、ムダ毛ケアには取り組まなくて構わないって思っていました。ですが、毛を引っこ抜くと、その折に毛穴が開き切って、開いた毛穴からバイ菌にやられやすくなります。

開いた毛穴を放置しておくと、毛穴が拡張したまま治らなくなり、汚れや毛で毛穴が見苦しくなってしまう折もあります。

エステで行なっているフラッシュ脱毛はより太く濃い毛の場合には強い効果が期待でき、細くて薄い体毛には効果的でないといいますが、この家庭でも使える脱毛器は薄くて細い毛でも効果が現れるので、脱毛サロンに行くより私の毛にはいい感じだと思えました。沿ういった事が誘因で、こういう旨の迷信染みた事が世にはびこっているのかも知れないと感じています。
ハッキリ申し上げますと、定常的にムダ毛を抜くように心掛けたからといって、出てこなくなるという幸せな話はないので覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 2 =